地区大会速報(団体戦)

9月11日(土)、13日(月)の2日間にわたり、アスカル幸手と毎日興業アリーナ久喜第一体育館で新人大会東部地区予選会・団体戦の部が行われました。
上位4校が県大会に出場できる大会で、春高は第5シードから県大会出場権をかけて挑みました。
初日は2回戦から出場し、三郷北、久喜北陽に勝ってベスト8に勝ち残りました。

令和3年度 県民総合スポーツ大会 兼 埼玉県高等学校新人大会 埼玉県東部地区予選会(学校対抗2複3単)

●9月11日(土) 2回戦 春日部3-0三郷北
              複1=砂川・提箸2-0
              複2=野間・高橋2-0
              単1=野溝2-0

          3回戦 春日部3-1久喜北陽
              複1=砂川・提箸2-1
              複2=野間・高橋1-2
              単1=野溝2-0
              単2=野間2-1

2日目は準々決勝(ベスト8)で第4シードの不動岡と激戦になり、第3シングルのファイナルゲームまでもつれ込みましたが、惜しくも競り負けてしまいました。
その後、順位決定戦に臨みましたが越谷西に敗れ、最終的に7位で大会を終了しました。

●9月13日(月) 準々決勝  春日部2-3不動岡
                複1=砂川・提箸2-1
                複2=野間・高橋1-2
                単1=野溝2-0
                単2=野間0-2
                単3=提箸1-2

         5位決定戦 春日部1-3越谷西
                複1=砂川・提箸2-0
                複2=野間・高橋0-2
                単1=小澤0-2
                単2=野間0-2
                単3=野溝1-0(打ち切り)

※朝見先生のコメント「結果はベスト8で終わりました。県大会出場を目指して臨んだ大会であったため悔いは残ります。格上の相手に勝つことができたり、日々の練習の成果を出すことができたり、成長を感じられる部分も多くありました。大会を通して更なる技術の向上だけでなく、「メンタル強化」と「チームの団結力」が必要と感じました。1月の団体戦でリベンジができるよう日々の練習に精進していきます。」

※臥薪嘗胆。今回の敗戦の悔しさを忘れずに練習に励み、一月の団体戦ではぜひ不動岡にリベンジしてほしいものです。次回に期待しましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。